« 寒かった! | トップページ | 春は行きつ戻りつ »

空の色が少しずつ

春めいてきた。

朝はまだマイナス10度近くまで冷え込むが、よく見れば柳の芽も膨らみ始めている。毎年、ここから春までは遠いとわかっているけど、いったん兆しが出ると季節は裏切らない、あと少しの辛抱だな。

年越しになった仕事がさらに延びて2月のアタマにやっと終わった。その間にも細切れの仕事が入ってきてそれはそれでありがたいのだが外をのんびり歩く気がしなかった。去年、ラブ犬が死んでから散歩も気が向いたときにウロウロするだけで、距離は短くてもやはり毎日朝夕、犬と歩けたころがいろいろなことに気がついた。

ただ、閉じこもって暮らしているようでも2階の仕事場の窓は3面にあるので鳥が見える。朝、熱いコーヒーを外で飲む習慣も変わっていなくて、このときにも鳥が見える。玄関を開けるといつも目の前にいるのがジョウビタキ、裏庭に上って行くとエナガの群れ、エナガは20羽くらいがあっちの木、こっちの木と飛び回っては枝の上で何やら突いている。ヒガラやコガラも混じる。仕事中にふと目をやるとヤマガラがいつも同じ枝に飛んでくる、ヤマガラはきれいな鳥だけど数はあまりいないし群れない、前庭のムラサキシキブにはヒヨドリが来て雪の上にはツグミが降りてくる。ツグミはいつだったか玄関に飛び込んできて素通しのガラスにぶつかった。先だって大酒飲んだ友人が子どものころに食べたツグミの味噌漬けとウルカの味が忘れられないと言ってたのを思い出し、さあ捕まえてやろうかと思ったけどツグミは禁猟の鳥だった。

キッチンの窓から見える木の枝に餌台を置いてキビの実を乗せてみたけど、すぐ近くまで鳥が来て遊んでいるのに餌台には来ない。警戒しているのか好みじゃないのかわからない。

キツツキの仲間の青ゲラは毎朝、土間の板壁を突きに来る。家の中に居てもコンコンと大きな音が響くからそのたびにかみさんやわたしが「コラ」と叫んで勝手口のドアを開けるのだけどキョキョ、キョキョッと鳴きながら逃げていく。あれは挨拶のつもりじゃないのか。まあ、賑やかな家になるのも悪くない。

空の色がどこか柔らかくなった今朝。

1024x683

|

« 寒かった! | トップページ | 春は行きつ戻りつ »

コメント

昼間の時間が長くなり、陽の光にも春の兆しを感じます。
今年は岡山は一回も雪が積もりませんでした。雪を見たのも2、3回。
日本海側の鳥取、島根や県北は大雪が降ったというのに。
岡山のキャッチフレーズは「晴れの国 おかやま」なのですがあちこちの自然災害のニュースを見るにつけ本当に温暖な所に住んでいると思います。
だから、厳しい冬から春を迎える感動のなど、知ってるつもりでも本当のところは解っていないのかもです。
それでも今年もふきのとう味噌で春を感じています。
庭には野鳩のツガイが毎日来ます。賑やかな声はメジロ。ジョウビタキは昨年、毎日車を糞だらけにしてくれて困りました。
どうしてウチの車だけ糞害が?と注意して見ると庭の南天の実やピラカンサスの実を食べてその後車で休憩しているのを発見。即 実を全部落として一件落着。今年は被害に遭う前に実を落として、代わりにガレージから遠いところの柿の実を多めに残しておきました。
気になるのは雀の姿が余り見えないこと。
田舎の家では近くの電線の同じ場所をカラスと鶯が取り合いをしています。鶯が止まって鳴いていると何故かカラスが来て追い払ってしまいます。カラスが居なくなると、また鶯が来て良い声を聞かせてくれます。
真冬でも零下になることが余りない所でストーブは完全に道楽とみなされています。確かに夕方から3時間ほど焚けば「もう充分。」と薪を足すのをやめてしまうほど部屋が暖まります。
そのストーブの煙突から鳥が落ちて来ます。朝ストーブの中が騒がしいのでのぞいて見るると雀。救出が出来たのも居ますが死んでいるのを見つけたことも何度か。一度は田舎の家に入った途端部屋中を飛び回る雀を発見。煙突から落ちた鳥が少し開いていた扉から脱出していたようです。
とりとめもなくダラダラ思いつくまま書き連ねてしまいました。
ゆべしの感想をお聞きしようかと書き始めたのですが。

投稿: えこ | 2017年3月 6日 (月) 22時31分

ゆべし、美味しいです。わたしは知らなかった、こっちでゆべしというのは餅菓子みたいなネトッとして甘いものなのでかみさんが柚子をくり抜いてなにやら始めたときにはさっぱりわからず、自家製の味噌と胡桃を詰め込んで和紙に包んでぶら下げてもどんな味になるのやら見当もつきませんでしたが、いま熟して馴染んで美味しい! 柚子がないとできません。この辺では作りようがないので食べた人はみんな初めてみたいでうっとりしてます。いまも吹雪で寒さ戻っていつものことですね。歳をとるとだんだん春が待ち遠しくて行きつ戻りつの彼岸過ぎまではジリジリしています。こればかりはお天気任せなので、もう少しの辛抱と思って待つしかないです。今年は震災犠牲者の七回忌なので、たぶん彼岸のころのお墓はにぎやかになるでしょう、せめてそのころは暖かくなって欲しいです。

投稿: northend | 2017年3月 7日 (火) 15時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1277216/69596320

この記事へのトラックバック一覧です: 空の色が少しずつ:

« 寒かった! | トップページ | 春は行きつ戻りつ »